Doorkeeper

【セミナー】第13回リクリセミナー with ワークショップ「コンテンツを活かすためのUI設計」

2013-07-13(土)13:30 - 17:30

大阪研修センター 会議室C

大阪市淀川区十三本町1-12-15 ドルチェヴィータファースト 3F

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

一般 前払い (2013年6月13日(木)以降にお申し込みの方)
4,500円 前払い
早割 (2013年6月12日(水)までにお申し込みの方)
4,000円 前払い
一般 会場現金払い or 会場カード払い(2013年6月13日(木)以降にお申し込みの方)
5,000円 会場払い

詳細

image

第13回リクリセミナー with ワークショップ「コンテンツを活かすためのUI設計」

講師

長谷川 恭久さん(could

日時

2013/7/13(土) 13:30~17:30 (13:15開場)

参加費

早割 4,000円(2013年6月12日(水)までにお申し込みの方)
一般 5,000円(2013年6月13日(木)以降にお申し込みの方)
※領収書は受付の際にお渡しいたします。

会場

大阪研修センター 会議室C
(大阪市淀川区十三本町1-12-15 ドルチェヴィータファースト 3F)


<本セミナーについて>

6月8日に岡山にて開催の「amplifizr, Vol. 7“コンテンツを活かすためのUI設計”」の大阪版です。

2013年1月27日(土)に開催した第9回リクリセミナー「マルチデバイス化を見据えたコンテンツ設計 基礎講座」、6月15日(土)に開催の第12回リクリセミナー「マルチデバイス化のためのコンテンツ戦略」に続く三部目となり、このシリーズの最終章となります。

また、今回も高松、郡山と全国各地で再演が決定しています。

1部、2部にご参加された方は、是非ご参加ください。


<セッション内容>

マルチデバイス化に向けての準備が完了し、いよいよユーザーインターフェイスの設計に入るわけですが、どこからどのように始めれば良いのでしょうか。情報の流れを設計し、小さなスクリーンでも重要なコンテンツが埋もれないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

幾つかの UI の傾向や、使えるツールの紹介をみながら、コンテンツを活かすためのインターフェイスについて参加者と一緒に考える内容になります。

※後日、さらに詳細な内容を告知します。
※セッション名・セッション内容は多少変更となる場合があります。予めご了承ください。


<コンテンツを活かすためのUI設計の紹介ムービー>

image


<講師プロフィール>

長谷川 恭久さん
長谷川 恭久(could
Twitter / Facebook

デザインやコンサルティングを通じてWebの仕事に携わる活動家。
アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。日本に帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。

自身のブログとポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。

著書に『Experience Points』『スタイルシート・スタイルブック』『Web Designer 2.0』など。


<懇親会>

セミナー終了後に「阪急うめだ本店 うめはんビアガーデンマルシェ」にて懇親会を開催します。
ビアガーデンでの開催のため、雨天の場合中止になることがあります。

お申込み受付は、Doorkeeper内イベント告知ページよりお申込みください。

コミュニティについて

Re:Creator's Kansai

Re:Creator's Kansai

Re:Creator's Kansai(リクリ)は、2007年3月より関西のクリエイターの交流、勉強会・セミナーの開催のために活動しているイベントコミュニティです。 「リクリセミナー」と題したセミナーイベントを年に3〜4回開催しています。 2017年11月現在、延べ3,100名を超える方々にご参加いただいています。

メンバーになる